So-net無料ブログ作成
検索選択

講演会のお知らせ [イベント]

立教・異文化コミュニケーション学会第6回大会基調講演

2009年6月13日(土)16:45~18:15(開場16:30) [池袋キャンパス 8号館 8101教室]
エコロジーの視点からみた異文化コミュニケーション」
講師:クレア・クラムシュ氏(カリフォルニア大学バークレー校教授) <同
時通訳付き>
主催:立教・異文化コミュニケーション学会

Abstract:
In the multilingual, multicultural environments in which intercultural communication takes place nowadays, the traditional dichotomies "us" vs. "them", "native" vs. "non-native" lose their explanatory power. It makes sense to turn to non-linear, historically and culturally contingent models of meaning making that account for the significance of utterances, actions, and events. Ecological theories of language learning and language use can better capture the relationality of self and other and the "layered simultaneities"
(Blommaert, 2005) of discourse on multiple timescales that we observe in intercultural encounters. A conversation at a Thanksgiving dinner between a Russian, a German and two Japanese speakers in the U.S.
(Uryu, forthcoming) will serve to explore what language ecology can contribute to the study of intercultural communication.

<懇親会>
2009年6月13日(土)18:45~20:45
セントポールズ会館 [池袋キャンパス内]

お問合せ先
E-mail: irw@grp.rikkyo.ne.jp <リサーチワークショップ運営機構>

立教・異文化コミュニケーション学会第6回大会の研究発表プログラムはこちらです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。