So-net無料ブログ作成

裁判員裁判傍聴 [法廷通訳]

先週と今週2回連続でスペイン語通訳要裁判員裁判を傍聴してきました。
通訳人は一人で、二週連続で裁判員裁判を担当されていて、負担はかなり大きいと思いますが、先週も今週も非常に正確で丁寧で、かつ、迅速な通訳をされていて、感動しました。
機械のように自動的にスペイン語から日本語へと情報の漏れなく変換されていく様にみえましたが、これは、日ごろからの通訳トレーニングの賜物で、高い通訳スキルを有する「匠の技」でした。
どちらも否認事件でしたので、一言一句の訳が重要になり、リスク管理の面からは二名体制で臨むのが理想だと思います。しかし、通訳を二名で担当するには、一人でやるのとは違う負担も出てきます。
訳語の統一をどうするのか、仕事の分担をどうするのか、お互い気心がしれた信頼関係のある同じレベルの二名の通訳でなければなかなかうまく機能しません。裁判員裁判を担当する可能性のある通訳者が今、最も懸念していることだと思います。
連日開廷で、長時間の通訳を一人でやるには、集中力をいかに維持するかが課題になりますが、日本語話者同士の会話でも聞き間違いによる誤解も生じれば、二通り異常の解釈が可能な発話もあります。裁判官、裁判員、検察官、弁護人、書記官が複数人数で対応しているのに、通訳人だけ一人でやっているのを見ると、通訳人が酷使されているようにみえてしまいました。
今週の事件は被告人が無罪主張をしていて、金曜日に判決です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 2

ぴあ

スペイン語通訳付きの裁判ってどのくらいの頻度であるんですか?
傍聴はかなり高い確率でできるんでしょうか。
裁判自体傍聴したことないのですが、イメージではサスペンスドラマのシーンが思い浮かびます。

ところでDELE受けましたが、まだまだ勉強不足でかなりへこみました。
面接も最悪…
あ~思い出したくない。
現在、スペイン語通訳ガイドの無料講座を受講しています。
久々の語学学習に、毎週わくわくしています。
就職先?
まだ決まっていません。いや~のんびりしすぎかしら?

by ぴあ (2009-11-19 20:07) 

Maya

ぴあさん、DELE受験お疲れ様でした!結果が出たらお祝いしましょうね!
のんびりできるうちにのんびりするのが一番ですよ!
by Maya (2009-11-20 20:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。