So-net無料ブログ作成
翻訳研究 ブログトップ

『翻訳理論の探求』(Exploring Translation Theories) [翻訳研究]

武田珂代子さんが翻訳された本で、まだ読んでいる途中ですが、翻訳文の日本語がとてもこなれていて、理解しやすく読みやすい本です。
「等価という概念を超えて翻訳を語ることは可能なのか」という問いかけを基盤に、今までの主に西洋における翻訳研究理論をパラダイム毎に対峙させ、その異なりや類似性、さらにはその背景にあるイデオロギーまで読者とともに考えていく姿勢を打ち出しています。
翻訳の実務家や通訳者にとっても、「翻訳・訳出」という自己の行為についてメタレベルから語ることができるようになる、つまり、エンパワメント可能になる、換言すれば、リスク管理の「用語」を獲得できるような知識が得られる本ではないかと思います。



翻訳理論の探求


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

muntadas [翻訳研究]

Muntadasという人がOn Translation: The internet proyect というのをやっている。
「伝言ゲーム」のようにあるセンテンスを英語から日本語に、そして他の外国語に翻訳していくとどんどん変化していく、ということを実践で示すプロジェクトのようだ。まだ私自身、よくみていないが、たまたまご本人の講演会を通訳する機会があり、非常に興味深かったので、のせておきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
翻訳研究 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。