So-net無料ブログ作成
検索選択
異文化コミュニケーション ブログトップ

『ドン・キホーテ』とラ・マンチャの男 [異文化コミュニケーション]

ドン・キホーテゆかりのラ・マンチャから来たスペイン人が来日の記念に『ドン・キホーテ』の邦訳本を買って帰りたいと本屋に行った時のエピソードを話してくれました。日本語はできないのですが、外国に行ったらその国の言葉に訳された『ドン・キホーテ』を買って帰ることにしているそうです。
東京で本屋に行き、店員さんに「ドン・キホーテ、ドン・キホーテ」と言ったら、「こちらです」と案内されたのでついていくと、店員さんは店の外に出て行くではありませんか。おかしいと思いながらもついていくと、ある店の前で店員さんが立ち止まり、その店を指さしたそうです。ディスカウントショップの「ドン・キホーテ」に案内されたそうです。その話を聞いて大爆笑しました。うそのような本当の話です。東京では「ドン・キホーテ」と聞いてまず思い浮かぶのはディスカウントショップの「ドン・キホーテ」のようですね。
ドン・キホーテ

ドン・キホーテ

  • 作者: セルバンテス
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/10/18
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
異文化コミュニケーション ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。